アスペルガー症候群の基本的な知識

アスペルガー症候群の基本的な知識

アスペルガー症候群という言葉をたまに聞くことがあるかと思いますが、名称のみで内容までは知らない方がほとんどではないでしょうか?参考にしたのはアスペルガー症候群 大人←をご覧ください。

 

アスペルガー症候群とは自閉症の一種で、発達途中の幼少期の頃は判りにくいですが、成長と共に弊害が出てくることが多くなることで、判明することは多いです。詳しくはこちら→アスペルガー症候群 大人情報はここから。

 

興味の幅が極端に狭く特定の分野に強いこだわりを持つことが多い、2つの事を同時にすることができない、その場の空気を読めず迷惑ともとれる行動をしてしまうなど、主に社会性やコミュニケーション・想像力などをチェックすることで診断されます。

 

アスペルガーは自分の興味のある事や物に対するこだわりが強いので、一般人では想像できないような集中力や記憶力を発揮することで、天才にはアスペルガー症候群が多いとされています。
ご存知でしょうか?アスペルガー症候群 大人で検索。

 

歴史上の天才と呼ばれている人物で言えば、レオナルド・ダヴィンチやエジソン・織田信長・ゴッホ・アインシュタイン・ベートーベンもアスペルガー症候群であったとされています。