ノートンフレームのバイク

ノートンフレームのバイク

ノートンフレームは評判が良く、自社は勿論ですがヴィンセントのエンジンを載せた『ノーヴィン』、トライアンフのエンジンを載せた『トライトン』など優秀なエンジンとも組み合わされレースでも活躍したフレームだったようです。

 

個人的にはBSA(開発時は構造やデザインも参考にされたとされる)のフレームにSRのエンジンを載せた『BSA-SR』など混血が好きなのででこの様なモデルには興味がありました。
未だに憧れの一台です。
優良大手バイク 買取取扱会社を選ぶ

 

迫力ある画風で知られる漫画家、木葉功一がイブニングで連載していた「クリオの男」の中で、首無しライダーが駆るDKWとの一戦が溜まりません。
作画情報の協力は今は無き「クラブマン」誌、どういうことか脚注文は間違いだらけでしたが、見開き2ページを豪華に使って描いたレーススタンドを抜ける二台のシーンは圧巻でした。
新古書店で見かけたら是非読んでいただきたいマンガです。
それにしても、トライトンやノーヴィンを造ってしまう英国人には関心します。